fc2ブログ
menu

11月18日遠征記録 西湖のモヤに癒される

山梨の天気予報がよさそうだったので出かけてきました。
いつもの琴川ダムに向かったのですが、到着してみると快晴の予報に反して雲量7という感じで南天だけ星が見えるかなという程度。
好転の期待できそうにない空模様だったので、悩まずにすぐに転進。さっさと甲府盆地を後にして富士五湖方面へ。育樹祭記念広場か精進湖か西湖か朝霧高原かと迷いましたが、たまには初めての場所に行ってみようと思い立ち西湖へ。

到着は22時ごろになってしまいましたが、幸いこちらは晴れていたためすぐに設営開始。舗装されていない地面でしたが三脚設置時にしっかり体重をかければ特段問題ない程度でした。IC348からNGC1333あたりをRedCatで狙います。
DSC00179_R.jpg
薄明開始までばっちり、とはいきませんでしたが、4時間以上の露光時間を確保できたのでどうにか形にはできそうです。
帰宅してうきうきで下処理をしていたら、TwitterのTLに全く同じ場所の作品が流れてきました。


智さんのFRA300 Pro+Nikon Z6による作品です。ブログはこちら。




私のはRedCat51+ASI2600MC Proの組み合わせで画角は375mm相当となり、智さんの300mmと比べて若干狭い範囲ですが、完全に同じ場所撮ってました。これどうすんのよ・・・「冷却CMOS使ってこれかよw」とか言われないようにがんばります。

ところで智さんのブログにも書いてあるぐんま名月はおいしいぞ(2回目

この日は秋らしく昼と夜の寒暖の差が激しく、湖面に広がったモヤがとても幻想的な風景を見せてくれました。
DSC00200_R.jpg

モヤは濃くなったり薄くなったりしながら時にほとんど湖面が見えなくなったりもしていましたが、水墨画のような光景にしばし癒されておりました。こんな光景を楽しむことができるのも西湖ならではかもしれません。
DSC00212_R_202211202014033ba.jpg

周囲には天体写真を撮っている人はいませんでしたが、星景写真や風景写真を撮っている人はちらほら。そのほか夜釣りの人も数名いらしたようです。コロナでアウトドアブームなせいか、夜中でも賑わっていた印象です。
DSC00184_R.jpg

薄明開始の5時よりも少し早めに曇ってしまったのでさっさと片付けをして、5時半にはそのまま就寝。8時半まで3時間ほどしっかり睡眠時間を確保できました。健康的(天体写真家的に)です!

帰りは下道を使って道志の湯へ立ち寄って帰宅となりました。






関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.