fc2ブログ
menu

ハワイで使うFMトランスミッター検討 その1

ハワイ島内での移動は基本的にレンタカーになるわけなのですが、
車内で聞く音楽についても準備しておく必要があります。

普段自分の車では車載カーナビとスマホをBluetoothでつないで音楽を流しています。
ステアリングスイッチからスマホの操作ができるため、音量調整や曲の操作も安全に行うことができます。

一方レンタカーとなると事情が一変します。
日本であればともかく海外のレンタカーにはカーナビなんてものはついていません。
使いたければ1日15USD程度支払ってオプションとなります。
9日間で1万5000円くらい。高い。
そのくせオンダッシュ取り付けなので社外に出るたびに取り外す必要があります。
盗難の危険性がありますからね。であればスマホでナビをするのと変わりません。

一方でカーオーディオにBluetoothが載っているかは全く未知です。
乗ってみないとわからないです。
むしろ乗ってみてもわからないかもしれませんね。

ということでカーオーディオから音楽を流す方法として一番確実なのはFMトランスミッターとなります。
FMの聞けないレンタカーっていうのはさすがにないですからね。
じゃぁFMトランスミッターを日本から持っていこう、となるわけですが話はそう簡単ではありません。

日本とハワイではFMの周波数が違うからです。
日本でのFM周波数は76.0MHz-90MHzですが、
Wikipediaによると、ハワイ島のFM周波数は89.3MHz-107.7MHzのようです。
つまり日本のFM周波数に合わせて作られたFMトランスミッターではハワイ島で使えない可能性があるのです。

ということを考慮し、ハワイ島での周波数89.3Mhz以上の電波を出力できるFMトランスミッターを探す必要があります。

候補としてはこれや

これや

これなど。


長くなりそうなので続きはまた別の記事で。

関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.