fc2ブログ
menu

わし座ガンマ星 タラゼド周辺 B-142

「人生はな、冥土までの暇つぶしや。だから、上等の暇つぶしをせにゃあかんのだ」
ー今東光

夜な夜な上等の暇つぶしをしていらっしゃる全国1000万人の天文ファンの皆様ごきげんよう。

本日は貴重な梅雨の晴れ間を1時間半も使って撮影した地味な対象をご紹介します。
わし座γ星タラゼドのそばにある暗黒星雲B-142です。
20230718_Tarazed_Z4_star_R.jpg

光学系:Sharpstar Z4(550mm F5.5)
カメラ:ASI2600MC Pro(APS-Cセンサー)
Gain:100  Offset:50   センサー温度:0度
露光時間:5分 x 17枚(85分)
赤道儀:RST-135(ピンク)
ガイド:SVBONY 30mm F4ガイドスコープ+ASI120MM Mini
撮影日時:2023年7月18日 1:40ごろ‐ 3:00ごろ
撮影地:山梨県鳴沢村
ダーク:ライトフレームと同設定で160枚
フラット:LEDトレース台 1秒*50枚
PixInsightでWBPP、ABE、SPCC、BXT
SXTで星を分離しつつPhotoshop Denoise AIで仕上げ

こちらの対象、以前にも一度撮影したことがあったのです。
Tarazed_PI_OnlyStar_R.jpg




前回の作品と見比べてみると構図の違いもあり今回のほうがマシになったようにも見えますが、暇つぶしという意味ではどちらも一緒ですね。よく見ると星が多すぎて気持ち悪いし。

実はZ4の素通し性能を見てみようという意図があったりします。今までComet BPフィルターを使っての撮影ばかりだったのですが、フィルターなしだとどうなるのかなということで、この領域を狙ってみたのです。
結果としては文句のつけようのない性能ということが分かったので満足です。

Sharpstar Z4はいいぞ。

前回撮影時のブログを読んで、次こそこぎつね座のほうを撮りたいなということを思い出しました。前回の撮影が2021年10月で今回が2023年7月なので次の機会はいつになることやら。
A6300_35GM_Aquila_T_R.jpg





関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.