fc2ブログ
menu

8月11日遠征記録 息子ティー氏を連れて温泉2回の旅路

学校の授業で星について学習してきた息子ティー氏。
ちょうど夏休みで暇そうにしていたので、久しぶりに氏を連れて星を見に行ってきました。

当初行き先は山梨県早川町のとある場所だったのですが、行ってみたら予想以上に谷あいで植樹も多く、見晴らしはいまひとつ。トイレがすぐそばにあるのはいいポイントでした。外灯が常時ついていましたが、それほど明るくなくて好印象。
DSC_9102_R.jpg

様々なオブジェが置いてあって星と一緒に撮ったら楽しそうではありました。
DSC_9104_R.jpg

DSC_9103_R.jpg
ただ、蚊が多くて夏場に一晩ここで過ごすのは大変そう。自宅から3時間以上ドライブしてまで行くところではないなぁという結果でした。この日は幸か不幸か天気が悪かったので早々に退散し、雲待ちも兼ねて近所の温泉施設へ。
営業時間20時までの施設が多い中、こちらのヘルシースパサンロードしもべの湯は22時まで。
20230811_194943_R.jpg


2023年4月にオープンしたばかりとかなり新しい施設でした。手すりに水垢や湯の花の類がまったくついていないのはそういう理由だったのか・・・。
内風呂は熱めの湯とぬるめの湯、サウナ、水風呂に加えて、水深1mある歩行湯等があり、加えて露天(と言っても下部温泉駅前の施設ということもあり屋根と壁あり)もあり、とても広々していて快適でした。ティー氏は歩行湯が気に入ったらしく、じっくり1時間ほど楽しむことができました。
20230811_205623_R.jpg
ちなみに彼はぬるめの湯よりも40度前後の熱めの湯のほうが好きなのだそうです。私はぬるめの湯が好きなんだがなぁ・・・


温泉でさっぱりして21時ごろ外に出てみたらすっきり晴れているではありませんか。さらに移動した先が晴れている保証はありませんが、下部に土地勘もないので朝霧アリーナに行くことにしました。幸いそちらも晴れていて、一晩しっかり星を楽しむことができました。

いつもであれば撮影地に到着するとすぐに寝てしまうティー氏ですが、さすがに今日はやる気を出して夏の大三角、さそり座、カシオペア座などの星座写真を撮っていました。あっという間に沈んでいったさそり座を見て、南天での星の動きも理解できたようです。

私のほうはいつも通り天体写真を撮影しつつタイムラプスを撮ったり動画を撮ったりと忙しくしていました。特にこの日はペルセウス座流星群の極大に近いということで流星動画も撮ってみました。ざっと確認したところ10個以上は撮れていそうだったので後ほど動画にまとめようと思います。
流れ星が写った瞬間を見つけ出すの、けっこうめんどくさいけど。
とりあえず写真で捉えたものを1枚ご紹介しておきます。
DSC07160-wm_R.jpg
α6400+SEL70350Gの70mmで撮影したものなので105mm相当の画角ですが運よく入ってくれました。

8月、夜明け直前にはオリオン座が東の空に。星好きに冬の始まりを告げる風物詩です。
202308_seq01_wm_R.jpg
8月の未明に東の空に見えるオリオン座、好きなんですよね。

天文薄明開始も過ぎた4時ごろ、ティー氏が起きだしてきました。
明るくなって消えてしまう前に急いでオリオン座を見せておきます。

「オリオン座=冬の星座」という知識を持っていたティー氏でしたが、夏にオリオン座が見られるなんて!とびっくりしていました。手元の星座早見盤で確認させたところ、8月中旬の明け方4時にはオリオン座が東に見えると確かに理解でき(+星座早見盤の正しい使い方を理解した!)たようなので、それだけでも連れて行った甲斐があるというものです。

星座早見盤それ自体はすごくよくできていると思いますが、自分を中心とした天の半球が平面に印刷されてるのって感覚的に理解するのは難しいと思うんですよねぇ・・・。ちょっとお高い星座早見盤だと薄いボウル状になってて半球であることを理解しやすいものもあったりしますが。


その後仮眠を取ってから富士山周辺での星見後の定番、泉水の朝風呂へ。朝6時から営業してるなんて本当に助かります。冬場だと観測終わってすぐお風呂なんてこともできちゃいます。
20230718_03.jpg
ついでに道の駅富士吉田で旬の果物を買って帰宅しました。
DSC_9111_R.jpg

ティー氏を連れて行くとなんだかんだと面倒なことも多いですが、それでもお互い実り多い遠征になりました。



関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.