fc2ブログ
menu

サイトロンジャパン天体写真コンテスト2023に応募して落選した作品

サイトロンジャパンの天体写真コンテストに応募していた星景写真作品が無事落選となりましたのでご紹介します。

どちらも神津島で撮影した作品となります。

Stargazer
202309_0915_07_01_wm_R.jpg
ZV-E1+SEL35F14GM F1.8 10秒露光 x 5枚をSequator/Photoshopなどで処理しています。

こういう自撮り写真は立ち位置や姿勢などがけっこう難しかったりします。基本的にワンオペなので、誰かが「もうちょっと前」とか「もうちょっとアゴ引いて」とか言ってくれるわけではありません。この時も「端の太い支柱から数えてX本目とY本目の間」というのをプレビューで確認しながらの撮影でした。姿勢に関しては度重なる自撮りである程度コツをつかんでいたので、不自然なシルエットにはならずに一発で決めることができました。
もう少し右側に立つべきだったかと思いましたが、カメラのある場所から立ち位置まで徒歩30秒ほどかかる場所であり、かつ複数枚にわたって露光を重ねるため1分以上は静止していなければなりません。正直リテイクも面倒だったので最初の1回で済ませてしまいました。

Towards the Stars
20230911_01_wm_R.jpg
TowardとTowardsはどちらも同じ使い方でよいそうです。Towardはアメリカ英語、Towardsはイギリス英語という程度の差はあるそうですが、意味は全く変わらず。今回はStarsなのでTowardsもsをつけて語感を揃えてみました。
α6400+SEL11F18G F1.8 15秒露光 x 8枚をSequator/Photoshopなどで処理しています。
自撮りするかどうか迷いましたがこちらは風景のみ。

ところでこのコンテスト、選者の一人に成澤さんがいらっしゃいました。氏は富士山山頂と神津島の二地点で撮影した星空をテーマにした写真展を2023年9月から10月にかけて開催していました。
これに関連して、氏がほぼ同じ構図で自撮りされた作品を公開されています。それが理由かどうかはわかりませんがこちらも無事落選しました。


ホントそっくりだな。パクリと言われてしまうレベル。
成澤さんの自撮り作品の公開が10月1日、私の作品の撮影が9月11日なのでもちろんパクったわけではないのですが。
でもこの2つの作品を見て自分が選者だったら票は入れないよなぁとは思いつつ、成澤さんと同じ構図で作品を撮ることを思いつけたというのはそれはそれで喜ぶべきことなのかもしれません。

コンテストの結果はこちら



<PR>


関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.