fc2ブログ
menu

竹芝-神津島航路 さるびあ丸からの風景

先日の神津島旅行では往復とも大型船さるびあ丸を使いました。
夜行便となる往路はそれほど時間のロスもないためさるびあ丸を使う人も多いのですが、復路は片道4時間ほどで済むジェットフォイルを使う人が多く、昼間の時間がほぼつぶれてしまうさるびあ丸はあまり人気がない様子。

なのですが、あえて復路でもさるびあ丸を選んでみたところとてもよかったのでその話をします。

行きは23時出航で24時消灯、夜なので船の上からではそれほど撮れるものもないですが、レインボーブリッジを下から眺めることができるというのは新鮮な体験です。
DSC00043_R.jpg

その後もしばらくの間は港湾地帯を眺めながらクルーズですが、すぐに消灯時間。
DSC00049_R.jpg

翌朝、ちょっと早起きすると夜明け直前のステキな空が見られました。
20230910_052411_R.jpg


20230910_052201_R.jpg
屋上甲板に出られるのはいいですね。

往路では出発直後と到着直前しか見るものがありませんが、復路は昼便なので終始景色を楽しむことができます。島を出るときの後部甲板。東京港を出発するときは夜景を見る人たちでいっぱいだったのですが島を出るときはご覧の通り人がいません。(※写真は大島出航時のもの)
20230912_105823_R.jpg

2段ベッドの特二等船室。
一つのコンパートメントに4人、それが4つあって定員16人の部屋なのですが、復路では16人部屋に私一人でした。
20230912_121014_R_2023093009370521d.jpg


20230912_113521_R.jpg

船内はラブライブ!スーパースター!!推し。
唐可可かわいいよね
20230912_111424_R.jpg

唐可可かわいいよね...
20230912_175352_R.jpg

唐可可かわいいよねぇ...
20230912_125702_R.jpg

船内あちこちにいるキャラを探すだけでもかなり楽しくてヒマになりません。海しか見えないという時間は意外と短く、進行方向右側にはすぐに房総半島が見えてきます。
DSC03790_R.jpg
行き交う船も多くて飽きません。

そのうち海ほたるも見えてきます。この位置から撮れる機会は貴重です。
DSC03793_R.jpg

そして夕方になるころには東京湾の工場地帯も見えてきます
DSC03819_R.jpg

そして羽田空港も。
DSC03872_R.jpg

ちょうど夕日が沈むタイミングで、羽田に到着する飛行機と一緒に撮れました。
DSC03838_R.jpg

しばらく待っていると、太陽と飛行機が重なりそうな雰囲気。これは狙えるか・・・?
DSC03895_R.jpg

キマシタワー!
DSC03921_R.jpg
飛行機の太陽面通過なんてなかなか撮れるものではないのでこれはうれしい。

その後も港湾地区のクレーンと夕日を撮影しながら日没を見送ります
DSC03936_R.jpg

多くの人がジェットフォイルを使う神津島からの復路ですが、あえて大型船さるびあ丸を選んでのんびり帰ることで撮影も楽しむことができました。

往復ともさるびあ丸、おすすめです。


<PR>


関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.