fc2ブログ
menu

Sharpstar Z4+Comet BPフィルターでM42を撮ってみたら星が割れた

Sharpstar Z4でオリオン星雲M42を撮影しました。さかのぼって調べてみたらZ4で撮影するのは7月以来3か月ぶり。
20231031_M42_LRGB_R.jpg

光学系:Sharpstar Z4(550mm F5.5)
カメラ:ASI2600MC Pro(APS-Cセンサー)
Gain:100  Offset:50   センサー温度:-10度
露光時間:5分 x 28枚(140分)
赤道儀:RST-135(ピンク)
ガイド:SVBONY 30mm F4ガイドスコープ+ASI120MM Mini
撮影日時:2023年10月22日 2:00ごろ‐ 4:30ごろ
撮影地:山梨県鳴沢村
ダーク:ライトフレームと同設定で160枚
フラット:LEDトレース台 1秒*50枚
PixInsightでWBPP、ABE、SPCC、BXT、HDRMT
SXTで星を分離しつつPhotoshop Denoise AIで仕上げ


Z4を買って半年以上経ちますが、今回初めて気づいたことがあります。
それはフィルターを使うと星が割れるということ。実は今までも星の形がわずかに伸びるなぁと思っていたのですが、今回M42を撮影して改めて認識しました。というのもM42のすぐ南にある3等星、オリオン座イオタ星の星がこんなだったから。
20231101_02.jpg
これはZ4が悪いのではなく途中に入っているフィルター枠内側の切り欠きが原因と思われます。仮に周辺光量の不足であれば中心に対して点対称に光芒が出るはずですが、これは画面全体で同じ方向に出ていますし、星割れの形がそれっぽいです。

今までおかしいなぁと思いつつも原因に思い至らなかったのは明るい星を撮ってこなかったからですかね。

M16とか
20230620_M16_stars_R.jpg

Tarazedとか
20230718_Tarazed_Z4_star_R.jpg
こういうの撮ってたら気づけないよねぇ。反省です。
イメージサークルを妥協すると、こういうところに悪影響が出てくるんだなぁと理解しました。

ということで次回の撮影では
・フィルターの有無で比較してみる
・フィルター枠の切れ目をパーマセルで覆うまたは何かでふさぐ
・フィルターを入れる位置をカメラ側に寄せてみる
等の方法のうちどれかを試してみようと思います。



関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.