fc2ブログ
menu

【写真編】野辺山観測所 星空撮影会

ふたご座流星群の極大日に合わせて開催された野辺山観測所の星空撮影会。
先日動画作品をご紹介しましたが写真作品もご紹介しておきます。


昼間の下見中にOsmo Action 3で撮影。太陽と10mアンテナがいい感じの位置関係になってくれました。
DNG RAWで撮れるので現像が捗ります。
DJI_20231214150718_0007_D_R.jpg
太陽とアンテナの位置関係的にこの構図は冬至の時期に限られるというのもポイント。
夏場であれば太陽の位置はもっと北(画面上では右側)に移動するため同じ影の形を狙うためにはもっと左側に寄る必要がありますが、左側はフェンスがあって入れません。いいタイミングで撮ることができました。

空には寒冷前線の端に現れる高層雲が見えています。予報通りこの後の天気は下り坂。曇ってくるの目に見えていましたが、雨が降り始めるまではがんばろうと心に決めて撮影会本番。

レールの向こうから上ってくるオリオンは前回も狙っていたのですが、なかなか撮れません。
DSC06530_R.jpg

その後は雲間からオリオン座が見え隠れするような空模様。
20231214_06_0202_R.jpg


20231214_06_0298_R.jpg

これ、右上のほうにオリオンが写ってるんですが、せめてもうちょっと右に振れなかったもんですかね...。とてもダサい構図になってしまいました。反省。
20231214_05_0236_R.jpg

という感じで、タイムラプス素材の中からどうにかオリオン座や冬の大三角が写っているカットを抜き出してみましたがこれが限界。

静止画部門の作品としてこの5点を提出しておこうと思います。




関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.